世界初!オランダで食肉税導入の兆し/屠殺に課税を (Tax Animal Slaughter)

    \ 記事をシェアする /

f:id:bolienda:20191118184030j:plain
今年11月初旬、オランダの動物党が、事実上の食肉税といえる動物の屠殺に課税する議案を提出しました。来期には法案化を目指すとの動きがプレスリリースに発表。これが通ればオランダは、食肉に課税する世界で最初の国となります。

 

オランダの政党は馴染みが薄いかもしれませんが、動物党は動物愛護党とも呼ばれる、一つの重要な政策分野に特化したシングルイシュー政党です(オランダ名:Partij voor de Dieren, 略称: PvdD)。

 

その名のとおり、動物の権利(アニマル・ライツ:動物には人間から搾取されたり残虐な扱いを受けることなく、それぞれの動物の本性に従って生きる権利があるとする考え方)を軸に政策を進めるほか、持続可能な社会作り、気候変動の問題にも取り組んでいます。

 

農業大国オランダの決断

オランダは、九州とほぼ同じ国土面積しか持たない小さな国でありながら、米国に次いで農産物輸出額、世界第2位を誇る農業大国です。

 

動物党の下院議員、ランマート・ヴァン・ラーン氏(Lammert van Raan)は、「オランダは農産物輸出において世界第二位の規模を持つ国だからこそ、窒素と気候に関わる重大問題に取り組んでいる。つまり、食肉税を始めるにおいて理想的な場所なのだ。」と語ります。

 

動物党下院議員ランマート・ヴァン・ラーン氏 出典:Party for the Animals

 

動物党は2002年の設立以来、一貫して食肉税の導入を訴えてきましたが、高付加価値税率(VAT)を適用しての食肉税の提案では、施行において障壁があると反対意見に阻まれ続けてきました。

そこで今回ヴァン・ラーン氏はこれらの懸念を払拭するべく、食肉そのものに課税するのではなく、食肉生産プロセスの早い段階、つまり“屠殺行為”に税金を導入することで、事実上食肉に課税するのと同じ効果が狙える税制の提案に踏み込んだのです。

畜産と地球温暖化

f:id:bolienda:20191118210400j:plain

 「お肉を食べることが環境問題?」そう思われる方もいるかもしれません。今や地球上に15億頭も存在する家畜牛の生産を中心に、畜産業は地球温暖化を含む様々な環境問題を促進しています。

 

国連食料農業機関(Food and Agriculture Organization, FAO)の報告によれば、温室効果ガスの実に18%が畜産業によるものであり、車や飛行機などのあらゆる輸送機関から発生する排出量を合わせた数値を上回っています。

 

畜産が排出する温室効果ガス

・家畜からおならやげっぷとして放出されるメタンガス(メタンはCO2の20倍の温室効果)

・家畜の飼料を生産するための燃料

・放牧地を確保するための大規模森林伐採

・その他100種類以上の汚染ガス(酸性雨の原因となるアンモニアの排出量も3分の2以上を占める)

 

このような現実を踏まえ、国際連合環境計画 (United Nations Environment Programme)は2018年に、私たちの食肉消費量の削減が世界で最も緊急の問題であると述べています。

食の在り方を抜本的に変える

f:id:bolienda:20191113005832j:plain

動物党が目指すのは、食肉消費量を減らし温室効果ガスの排出を含む環境問題を食い止めることです。この屠殺税が導入されて食肉価格が上昇すれば、当然肉を買う人が減ります。そうすると、これまで肉に頼っていたたんぱく質の摂取を植物性食品から摂取するようになり、食の在り方自体が変わっていきます(Protein transition)。

 

ヴァン・ラーン氏は、私たちの食生活の根本的な変化は絶対不可欠だと訴えます。いま人類が抱える地球環境問題、気候変動の危機的な問題は、大量の肉消費が主な原因の一つだからです。

 

オランダ環境評価庁は、食料の生産〜消費を長期的で持続可能なサイクルとして保証するためには、植物性たんぱく質を摂取する食生活への切り替えが唯一の方法であると訴えています。

世界に拡大する可能性

動物党は、食肉に対するさらに高い課税を求めて増え続ける声に、議案提出・税制化の動きで応えています。アメリカを例にとると、食肉産業界の主要な専門投資家達は、今後食肉税の導入は避けられないと確信しています。

 

「生産者と消費者の両方が食肉の消費を減らし、植物由来の代替製品をより簡単に選択できるように、家畜の屠殺税を利用していきたい。」とヴァン・ラーン氏は語ります。

いかがでしたか? 

知らないことだらけで驚きのニュースでした。オランダは世界に誇る農業大国だからこそ環境問題に取り組むべきだとする動物党の考えには敬服しました。私は少し前まで畜産が環境破壊の一因であることさえ知らなかったのに…。

 

今回のニュースでは、海外では畜産による環境破壊の深刻さが認知され、国を動かしつつあることが分かり本当に驚きでした。食肉に課税って日本では聞いたことすらなかったです。

 

今後もビーガンや菜食にまつわる世界のニュースをどんどん発信していきます!日本では報道されない興味深い動きが世界には沢山あります!是非また読んでください😸

ありがとうございました♪

 

参照記事

The Netherlands May Soon Tax Animal Slaughter | Protein Report

The Netherlands to introduce tax on animal slaughter | Totally Vegan Buzz