地元感満載!にぎやかバル《マドリード》/LA FRAGUA DE VULCANO

    \ 記事をシェアする /

f:id:bolienda:20191120060139j:plain

スペインを旅行するとき、ガイドブックにはオススメのお決まりバルが載ってますよね!!私もマドリードに住み始めた頃ひと通り行きました。

が、美味しかったと思う確率はまちまち、観光客向けで地元感があまりない、価格も高いところが多かった印象に終わることが多く…。正直、リピートして行ってるところはほぼありません。

 

そこでこのブログでは、ガイドブック(私の愛読書 地球の歩き方基準🌍)には載っていないけど、

・美味しい!

・スペインらしい雰囲気を楽しめる!

・地元感と温かみが満載!

なバルをご紹介していきたいなと思います!

 

バルやレストランって味も大事ですが、店内にどんな人が集まっているか、その国ながらの雰囲気が感じられるかが大事だと思うので、ぜひお役立てください!

 

ちなみに私は菜食者なので、生ハムとかチーズとかの味の感想は書けませんが、必ず一緒に行った相棒も美味しいと行ったところしか紹介しません!私が重視して見ているのは雰囲気、立地、使い勝手、価格なので、是非そこを参考にしていただけたら嬉しいです♪

 

LA FRAGUA DE VULCANO(ラ・フラグア・デ・ブルカノ)

f:id:bolienda:20191120052513j:image

 

先日行って来たのはここ〜!観光客も多いソル駅から徒歩5分の好立地ですが、少し入った路地にあるので私が行ったときは観光客っぽい人は一人もいませんでした。子供連れのご家族から若いカップル、友達と楽しむご年配の方まで老若男女が食事を楽しんでいて、店内は賑やかにスペイン語が飛び交い、地元感たっぷりの熱気に包まれていました。入った瞬間「スペインぽくて好き〜!」と感じました。

f:id:bolienda:20191120052516j:plain

 扉を開けるとまずこの風景!黄色の天井と壁に木造りのカウンター、フラメンコがテーマの絵画などカラフルで鮮やかな装飾がとってもスペインらしい!可愛い内装にテンションも上がります。

 

入って左手にカウンター、右手にテーブル席。この写真とは別に左側にさらにテーブル席のみの広めのスペースがあります。私が来たのは日曜日の15時半ころ、小腹が空いて飲み物とタパスをつまみにやって来ました。昼下がり14時〜16時はスペイン人のランチのピーク時間だったこともあり、入った時は満席。5分ほど待って席に案内してもらいました。

 

f:id:bolienda:20191120060725j:plain
f:id:bolienda:20191120060715j:plain

 

メニューには英語が添えてあるのに加え、写真メニューもあるのでスペイン語が分からなくても大丈夫です。この日は満席で店員さんも大忙しでしたが、目を合わせて呼べばすぐに対応してくれて良い店員さんでした。また、一皿の量が多すぎるので半分でとお願いしたところ、メニューにはないけどOK!とお願いも聞いてくれました。

私達は小腹を満たしにサクッとやって来ましたが、周りのスペイン人はがっつり食事していましたので、ちょっと食べたい時にもしっかり食べたい時にも使えるバルです。

 

踊るおじいさん

そうして頼んだ飲み物とタパスを楽しんでいたところ、突然店内の音楽がガラッと変わり、大音量でマイケルジャクソンのビリージーンが流れ始めました。曲調いきなり変わったな〜と思い店内を見回していると、バルの入口付近でなんか、水色のトレーナー着たおじいさんが踊ってるーーーー!!

そしてよく見ると特段ダンスが上手い訳ではない!!笑 

マイケルに似せる気も毛頭ない!!笑 

なんかおじいさんなりに踊ってるだけ!!

なのに店内のスペイン人は大盛り上がり!!

指笛と手拍子が鳴り響いていました。

 

私達も釣られて盛り上がり思わず手を叩いていました。おじいさんのいる入口からは少し奥まった席にいたのですが、その熱気はこっちまでやすやすと届いてきました。おじいさんがチップほしくて回ってくるだろうな〜と思い手持ちの40セントを用意して待っていたらやっぱりおじいさんが巡回してきたので渡しました。

 

見た目は寝起きのおじいさんが部屋着のまま出て来た?!みたいな格好で、本当に趣味の域を出ない(趣味の域にも入ってない!?)ダンスを披露して皆が盛り上がるって、スペイン人ってその場を楽しむのが本当に上手いなぁ〜と感心してしまいました。

 

そして何よりおじいさんのために店内の曲をマイケル・ジャクソンに変えた対応!!あのおじいさんとどういう関係!?と気になりながらも、この大らかさにまた一つスペインの良さを感じました。ひさびさに、面白いお店に入ったなと思いました。

 

ちなみ私はバルでは必ずピミエントス・デ・パドロンを頼みます。スペイン北西部のパドロンという町が原産のししとうのような小さなピーマンの素揚げに岩塩がかかっているだけのシンプルな料理なのですが、そのシンプルっぷりがめちゃくちゃ美味しい!ピミエントスのほのかな苦みと素揚げによって引き出された甘さ、塩が絶妙にマッチ。これは是非おすすめです!

 

お会計

二人で行って、特別に半皿(中皿)で対応してもらってタパス3皿と500mlの水一本、パン、生ビール一杯で17.8ユーロでした。これは安いです!グラスコップ一杯の生ビールで2.8ユーロです。スペインはお酒が安くて素晴らしいですね。

 

店舗情報 

ソル広場周辺を散策するときは是非行ってみてくださいね!

 

■バル名:LA FRAGUA DE VULCANO(ラ・フラグア・デ・ブルカノ)

■所在地:Calle de Álvarez Gato, 9, 28012 Madrid

 ■最寄り駅:ソル駅(Sol)から徒歩5分、セビージャ駅(Sevilla)から徒歩4分、アントンマルティン駅(Antón Martín)から徒歩5分

■営業日:毎日 12:00〜2:00